[あの頃はチョコレート]の味や口コミ/販売店は?AIが開発で話題

こんにちは。

少しずつ寒くなってくると温かいものや甘いものが恋しくなってきませんか?

私はとっても恋しくなってくるタイプ(笑)なので普段あまり食べないチョコレートやクリーム系のおやつをついつい買ってしまいがちです。

コーヒーと一緒に頂くとおいしいんですよね~。

さて、今回は先日ニュースで話題になっていたチョコレートが気になったので記事にすることにしました。

まだ先の話になりますがバレンタインの参考にもなるかと思いますのでぜひご覧ください。

スポンサードリンク

話題の「あの頃はチョコレート」って何?

タイトルからして気になる「あの頃はチョコレート」ですが、一体どんなものなんでしょうか。

日本電気株式会社(NEC)とダンデライオン・チョコレートは、AIとチョコレートメーカーのコラボレーションにより、新聞記事から時代毎の味わいを再現したチョコレート。

過去約60年の新聞記事のうち、印象的な出来事のあった5つの年をピックアップし、各1年分の新聞記事をAIで分析。分析結果を表した7つの味覚指標をもとに各時代のムードをチョコレートで再現したものです。

(引用元)

(引用元)

ラッピングにもその記事の一部をあしらっており、見ても楽しめる包装となっているようです。

どんな味があるの?

AIが味を開発したということで一体どんな味になっているのでしょうか?

1969年 人類初の月面着陸味

(引用元)

戦後の混乱は落ち着きつつも、学生運動が活発化し、不穏な空気が広がっていた1969年、人類は初めて月に立った。世界中が人類の偉大な一歩に心を震わせ、不安の中にも希望の光を感じていた時代のムードがチョコレートに。

酸味のあるインド産カカオ85%。苦味の中にもクランベリーのようなフルーティな味わいが広がります。月面の凹凸をカカオニブで表現しています。

カカオニブとは、カカオ豆を砕いてフレーク状にしたものです。美容や栄養の宝庫でもあるそうですよ。

1974年 オイルショックの混迷味

(引用元)

中東戦争の戦火は、オイルショックとなって日本に降りかかった。狂乱物価、物資の買い占めなど、日常生活も大混乱する中で、省エネにより国民一丸となって回復を模索していた時代のムードをチョコレートに。

ミルキーでフローラルなシエラレオネ産カカオ70%。ローストを調整し、ヘーゼルナッツのクリーミーさに、栗の皮の渋みが顔を出す、混迷を極めた時代の複雑な味わいを感じることができます。

1987年 魅惑のバブル絶頂味

(引用元)

山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買えるとまで噂された地価上昇、連日最高値を更新する株式市場に支えられ、日本全体が好景気に酔いしれていたバブル絶頂期の時代のムードをチョコレートに。

甘さと華やかさを兼ね備えたホンジュラス産カカオ70%。まろやかな桃のような甘さに、ジャスミンの香りが広がり、ひとときの栄華が口のなかで耽美にただよう一品に仕上がりました。

1991年 絶望のバブル崩壊味

(引用元)

永遠に続くかと思われた好景気も、泡のようにはじけて散った。不動産、株式の価格は暴落、不良債権が拡大し、企業倒産も相次いだ。1991年、バブル崩壊の衝撃と絶望感がただよう時代のムードをチョコレートに。

砂糖不使用、コスタリカ産カカオ100%。強い苦味に、カカオ本来の酸味が立ち上がり、後味にはチリのようなスパイス感が残ります。天国から地獄へと突き落とされた日本の空気を、どうぞお召し上がりください。

2017年 イノベーションの夜明け味

(引用元)

人工知能ブームが過熱した2017年。自動運転、ドローン、仮想通貨など目覚ましい技術革新がもたらした期待と興奮、夢に見た未来が現実となりはじめた刺激的な時代のムードをチョコレートに。

ナッツを感じるドミニカ共和国産カカオ70%。ローストの温度と時間を丁寧に調整することで、バニラのような甘み、ミルクティーの茶葉の香りを引き出し、後味にシナモン、チリペッパーのスパイシーさを感じさせます。新たな時代の到来を、舌の上でも味わってみてはいかがでしょうか。

いかがですか?

全て気になる味だとは思いますが、個人的にはバブル絶頂期の味とバブル崩壊の味にどれだけ甘さの差があるのか気になるところです。

バブル崩壊の味は砂糖不使用とのことでビターチョコのようですが口の中に残るチリスパイス感を味わってみたいですね。

販売期間はいつからいつまで?

  • 予約受付開始日(オンラインストアのみ)
    2018年10月25日(木)
  • 予約分配達日(オンランイストアのみ)
    12月17日 (月) 17時までのご注文分は、2018年12月21日(金)にお届け
  • 販売期間
    2018年12月21日(金)~2019年2月14日(木)

この商品は数量限定商品のため、ご注文が限定数量を超えると発売前でもオンラインストアでの販売は終了となります。

予約の受付はもう開始しているので購入予定の方は早めに予約されることをおすすめします。

⇒「あの頃はチョコレート」購入サイトはコチラ

 

スポンサードリンク

気になる口コミは?

まだ発売はされていないので味の口コミはまだないのですが、気になっている方がたくさんおられるようです。

手元に届いたころに感想など追記して載せていきますね。



販売店はどこ?

販売店は上記でもお伝えした通り、ダンデライオンのオンラインストアになります。

さらに12月21日 (金) よりファクトリー&カフェ蔵前京都東山一念坂店でも販売されますので店舗でもチェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

今回はダンデライオンより販売される「あの頃はチョコレート」についてまとめてみました。

気になる方はぜひオンラインサイトをチェックしてみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です