ひらパースケート2018-19はいつまで?持ち物や服装/混雑情報も調査

こんにちは。

今回は現在ひらかたパークで開催中の冬のイベント、

「ウィンターカーニバル」

について詳細を調べてみました。

これから行こうと思っている方、行かれたことが無い方も参考になればと思います。

関連記事

アイスリンクつるんつるん2018-19(梅田)はいつまで?混雑や貸出情報も
スポンサードリンク

ひらパーウィンターカーニバル

<イベント詳細>

開催期間

2018年12月1日(土)~2019年3月3日(日)

※休園日あり。
※天候やリンクの状況等により中止、または時間を変更する場合があります。

 

休園日
1月8日(火)~11日(金)
1月15日(火)~18日(金)

1月22日(火)、23日(水)、29日(火)、30日(水)
2月5日(火)、12日(水)、19日(火)、26日(火)

 

営業時間

【平日】

12時~17時

【土日祝、12月24日(月)~1月4日(金)】

10時~17時

 

料金

【入園&ウインターカーニバル入場料金】
おとな 2,000円

こども 1,200円

【ウインターカーニバル入場料金(入園料別途必要)】
おとな 600円

こども 400円
※ フリーパス、年間パスポートはご利用いただけません。

スケート靴レンタル料金(15~30.5cm)

600円

 

ワンポイントレッスン
開催日

12月・1月の土・日曜、祝日と 12月25日(火)~1月4日(金)

 

時間

11時~

 

料金

おひとり500円

 

受付

スケートインフォメーション

持ち物、服装は?

リンク内では安全の為に指先まで隠れる手袋が着用必須となっています。

手袋が無い場合はエリア内のショップにて300円~販売しています。

さらにスケートは危険が伴うため、怪我防止のためにも肘や膝が隠れるもの、ニット帽など頭を保護できる服装で行かれることを推奨されています。

ヘルメットは数量に限りがあるとの事なので、小さなお子様と行かれる方で心配な方は、レンタルヘルメットが足りないという事態に備えて持っていかれるのが良いのではないかと思います。

混雑情報

はやり気になるのは人が多いのではないか…ということですよね。

ひらかたパークのウィンターカーニバルはスノーエリアとスケートエリアに分かれており、会場も広いのですが、京阪神から毎年たくさんの方が来場されています。

現在冬休み期間になるので、お子さんは平日でも多いようですね。

しかし、年末年始が明けた平日は結構空いているそうです。

週末や、年末年始はかなり混んでいるそうですよ。

人が多いと危ないので小さなお子様と行かれる方は平日に行かれた方がよさそうですね。

スポンサードリンク

レンタルについて

スケート靴はレンタルできますが、スケートデビューのお子様におすすめなのが二枚歯スケート靴です。

15センチ~18センチまで用意されており、転びにくい造りとなっています。

私も履きたいくらいです…(笑)

さらに、初心者のお子様にはトナカイの形をモチーフにしたスケート補助具としてレンタルが出来ます。

こちらは30分300円となっています。

 まとめ

いかがでしたか?

今回はウメダ☆アイスリンクつるんつるんについての詳細や混雑情報をまとめてみました。

1月1日(元旦)は休業されますが、ぜひ大都会の真ん中でスケートを楽しんでみてはいかがですか。

ひらパーウィンターカーニバル公式サイト

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

アイスリンクつるんつるん2018-19(梅田)はいつまで?混雑や貸出情報も
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です