[東福寺]盛光院お茶席の紹介や紅葉穴場スポット・アクセスも調査

こんにちは。

秋もどんどん深くなってきましたね。

私は京都のとある観光地より少し外れたところに住んでいますが、この時期になると平日でもすごい人人人で賑わっています。

特に休日は出先から自宅に戻るだけも渋滞に巻き込まれることも多々あり、他府県や世界中からたくさんの人が来るこの京都に住んでいるという嬉しい気持ちと、「家に帰りたいだけなのに~!!」と思ってしまう気持ちと半々…春と秋、そして初詣の時期はちょっと辛い気持ちにもなってしまいます。

以前伏見稲荷大社の記事も書きましたが、今回は私が実際に目で見た東福寺の穴場スポットやお茶席などを紹介したいと思います。

私はざっくり言うと伏見稲荷大社とか東福寺とかに自転車ですぐ行ける距離に住んでいるので、イベントごとの記事はどうしても京都が増えてしまうのですが、東福寺や稲荷大社の駐車場が空いている時間、初詣の周辺駐車場情報など地元ならではの知っていることを時々発信していきたいとも思っていますので今後ともよろしくお願いします。

[伏見稲荷大社紅葉2018]混雑予想は?おすすめのお土産と駐車場も調査!
[京都醍醐寺紅葉2018]混雑予想は?駐車場,周辺観光スポット情報も
二条城フラワーズバイネイキッド2018のアクセスや混雑情報は?口コミも
[京都クリスマスイルミネーション2018]家族やデートにおすすめスポット!

スポンサードリンク

混雑を避けてゆったりと

京都の紅葉といえば、渡月橋で有名な嵐山、高台寺、清水寺がある東山周辺、そして通天橋からの景観が素晴らしい東福寺などが有名ですよね。

この前友人が休日の東福寺に行ったところ「東京のスクランブル交差点より人がすごかった!!

と、景色もよかったけれど人の多さでかなり疲れたそうです^^;

それでもその疲れをしのぐほど東福寺の紅葉は素晴らしいものなのは言わずもがな皆さんご存知だと思います。

まさに昨日、11月26日の午前中にママ友おすすめの東福寺内にあるお茶席に娘とそのおすすめしてくれたママ友と行ってきましたのでレポートしていきますね。

盛光院のお茶席

行ってきたのは東福寺境内の北にある塔頭、盛光院(じょうこういん)

こちらは普段非公開の場所ですが紅葉の時期(約一か月)のみ公開され、中に入ることが出来ます。

入り口の前で拝観料兼お茶菓子代として600円支払い、拝観券をもらいます。

「娘とタヌキ」

入ってすぐ大きなたぬきさんがお出迎えしてくれるのですが、お庭には大小のたぬきさんが何体か置いてあります。

これは先代のご住職の奥様がたぬきの置物が好きで、信楽焼など収集されていたからだそう。

着いたのが午前10時ということもあり、拝観者は私たちと先に入られていたご夫婦のみでした。

少し待ってお抹茶と栗羊羹のセットを出していただきました。

この栗羊羹、甘すぎずお抹茶に合ってとってもおいしかったです。

二切れあったんですが、娘も気に入ったらしく一切れ娘へ献上しました^^;

栗羊羹は評判が良く、拝観された人の要望がきっかけだそうですが1,900円で一本売りもされています。

半年ほど賞味期限が持つそうですよ。

ちなみに小1の娘は保育園年長の時に月に一回「お茶ごっこ」と称して子供用に薄めの抹茶を用意してもらっていたのですが、裏千家の先生直々に作法を教えてもらっていた経験があり、抹茶には慣れていたんです。

こちらの盛光院の方の計らいで娘のお抹茶は少し薄めのものを用意してくださり、すぐに飲み干してしまいました(笑)

上の写真でも分るかもしれませんが、この盛光院のお庭の紅葉の見頃はもう少しだけ先なのですが、今年の台風や、猛暑の影響でもみじの葉が少しちりちりになってしまったそうです。

例年はもっと紅葉のグラデーションもきれいなんだとか。

時間帯によっては多少混雑することもあるそうですが、だいたいの時間がそこまで待たずに入ることが出来るとのことです。

自然の影響なので仕方ないですがそれでも広すぎず、拝観客も多くないこの盛光院でのゆったりとしたひと時はとっても良かったですよ。

本当にゆったりとした時間が流れており、約小一時間も座らせてもらっていたのですが、盛光院から一歩外は平日にも関わらず観光客の方がすでにたくさん東福寺の通天橋目指して歩いておられました。

東福寺の人混みに疲れた後はぜひ盛光院のお抹茶と栗羊羹で疲れを癒してはいかがですか?

 

スポンサードリンク

盛光院の場所

東福寺北駐車場よりすぐです。

東福寺穴場スポット

先ほどは盛光院を紹介しましたが、他にもSNSに投稿されていた穴場スポットを紹介します。

勝林寺

今熊野観音寺

 

瀧尾神社

 

おまけの駐輪場情報

今回盛光院へは自転車で行ったのですが、だいたい皆さん駐車場などはよく検索されると思います。

私は事前に

「東福寺 駐輪場」

「盛光院 駐輪場」

「東福寺 自転車」

などGoogle先生に教えてもらおうと何パターンかで検索したのですが全く出てこず…

外国人観光客の方はレンタサイクルの人も多いし行ったら分かるだろう!

と開き直って検索するのをやめ直接駐輪場を探しました。

その場所はこちら。

東福寺の警備員さんに聞いたらすぐ教えていただけました。

盛光院、東福寺北駐車場にもほど近く、普段は封鎖されているこの場所ですが、紅葉シーズンは駐輪場として解放されており無料で自転車を停めることができました。

もし自転車で京都を観光されるご予定の方は参考にしてみてください。

おまけのおまけの駐車場情報

東福寺にも駐車場はありますし、周辺のコインパーキングもあるとはいえ、それでも観光シーズンは車を停めるにも一苦労の京都観光。

こちらの
個人間で簡単に、スマホ・PCで“駐車場の貸し借り”ができる
オンラインコインパーキング【akippa(あきっぱ!)】

というサイトでは個人の持ち物である駐車場や、月極駐車場の開いているスペースを貸出されている情報が分かります。

akippaSNSアカウントかメールアドレスだけで簡単無料で登録できますし、京都観光に限らず、他府県の駐車場も載っているので旅行に行かれる際の参考になるかと思います。

ちなみに、うちの近所でも駐車場の登録をしている人がいるので東福寺や伏見稲荷大社に行かれる際も満車で車が停められないという事態になる前にチェックしてみてはいかがですか?

駅の近くですと、そこに車を停めて電車で観光も出来るのでおすすめですよ。




まとめ

今回は東福寺から少しスポットを外したゆったりとできる穴場スポットを紹介しました。

景観はとてもいいんですけど、やはり混雑必至のこの秋の京都で少しでもゆっくり出来る観光のお手伝いになればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です