[八坂神社初詣2018-2019]大晦日からの参拝時間や混雑は?屋台も調査!

こんにちは。

もう12月も半ば。

2018年もあと数日で終わろうとしていますね。

そこで今回は日本三大祭りの一つ「祇園祭」でも知られる、

京都市の八坂神社の大晦日、初詣について紹介していきたいと思います。

もう10年近く前ですが友人と八坂神社の初詣に行きましたが、八坂神社から伸びる四条通の歩道が参拝者で埋め尽くされ、川端通りまで列が伸びていました。

現在の京阪祇園四条駅を出て地上に上がってすぐ列に遭遇して

「ウ、ウソだろ・・・」

と驚愕したことを今でも覚えています。

そんな八坂神社の大晦日から初詣にかけての詳細は下記よりご覧ください。

スポンサードリンク

八坂神社の参拝時間

八坂神社は終日解放されているので、基本的には一年中昼夜問わずいつでも参拝することが出来ます。

大晦日について

大晦日も何時より参拝可能などと、特に決まってはいません。

慣例行事

八坂神社では大晦日に行われる行事があるので少し紹介したいと思います。

12月31日
15:00 大祓式 
半年間の罪穢を祓います。
19:00 除夜祭

祭典後、境内三ヶ所の「をけら灯籠」に「をけら火」を移します。「をけら灯籠」の浄火を火縄にうけて帰り、灯明の火をつけ、雑煮を炊き新しい年の幸せを祈ります。

21:00 今宮戎神社鯛奉納

毎年大晦日に、今宮戎神社の福娘をはじめ、神職関係者らがそろって八坂神社を訪れ、鯛を献じます。

大晦日の混雑情報

八坂神社では混雑具合に時間の前後はあるものの午後11時頃から境内の通行規制を行われます。

特に混雑する時間は日付が変わる前から年が明けた午前3時頃まではかなり混雑していると思われます。

スポンサードリンク

初詣の混雑情報

冒頭でもお伝えしました通り毎年八坂神社の初詣はかなり混雑しています。

あの10年前の参拝以来初詣には行ったことが無いのですが、近年外国人観光客も増えていますし、さらに混雑しているのではないかと思われます。

三が日で100万人を超える参拝者が訪れるので本殿までの行列、待ち時間、混雑等三が日に行かれる方はかなり覚悟が必要です。

初詣の空いている時間帯は?

100万人が訪れるこの八坂神社の初詣ですが一体どの時間帯が空いているのでしょうか。

日中は残念ながら三が日は空いている時間は無いと思われた方がよいです。

早朝を狙う

1月1日:午前3時~9時頃

1月2日、3日:午前5時~9時頃

夕方以降を狙う

1月1、2、3日:午後6時~22時頃

この時間帯ですと寒い中長い行列を待って参拝…ということも比較的避けられるのではないかと思います。

授与所の営業時間

御朱印など受けられる方は授与所の営業時間が決まっているので早朝や夜遅くに参拝される方は注意が必要です。

12月31日大晦日午前8時~1月1日元旦午後10時まで。
1月2日、3日は午前7時~午後10時までとなっています。

 

屋台の営業時間は?

初詣と一緒に楽しみたいのが屋台ですよね。

例年の参考からですが、

12月31日大晦日の午後10時頃から屋台の出店が始まります。

そして年が明けた1月1日の午前3時頃には一度閉まります。

午前10時頃から再び開けられるようです。

三が日はだいたい午前10時から午後10時と遅い時間まで営業されています。

屋台は9日までされているそうですが、4日以降少しずつ屋台の数も減ってくるそうですので、屋台を楽しみたい方は早めに参拝に行かれることをお勧めします。

御朱印帳の紹介

御朱印ガールという言葉が生まれるほど最近は御朱印を集める人が増えていますよね。

少し御朱印帳について調べていたのですが今はとってもおしゃれな御朱印帳が増えています。

特にかわいいと思ったものをいくつか紹介させていただきます。

goen 友禅朱印帖

モダンなデザインの友禅御朱印帳。
京友禅紙を表紙に、タント紙を裏面にした、とても鮮やかな朱印帳です。
蛇腹折りで、表題シールもついています。

レトロフラワーの御朱印帖

和紋から美しいレトロフラワーの御朱印帖が登場です。
厚めの和紙を使用しておりますので、裏移りしにくくなっております。
寺社仏閣めぐりのお供にお持ちください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は京都八坂神社の大晦日、初詣について紹介しました。

参拝の参考になれば嬉しく思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です